大分県産椎茸(しいたけ)「冬菇」姫野一郎商店

椎茸の生産量日本一の大分県

九州大分県の椎茸(しいたけ)生産量は、国内約半分を占めており、日本一の生産量です。全国乾椎茸品評会で連続して優勝する等、品質や生産量において、日本一と言われています。天皇家を始め、各皇室に大分県産乾しいたけを献上しているそうです。

その大分県の中でも、有数の産地と言われる「竹田」は、先祖代々から、椎茸の栽培を行っている専業農家が多く、優れた乾燥技術を持つ良質の椎茸産地となっています。

竹田の老舗 姫野一郎商店

姫野一郎商店では、本物の椎茸を世界に広め、原木椎茸の美味しさを全国の皆様へお届けしていることで知られています。食文化を育んでいくために、椎茸のレシピ提案や加工品の開発も行っているそうです。



大分県で生産された乾椎茸は、原木での栽培が100%行われているそうです。原木栽培は、植菌をして椎茸が発生するまでに、約2年の時間を要します。栽培期間が長くて、天候や自然災害に左右されるので安定した栽培が難しいのですが、九州の一流の大自然の中で、じっくり育った椎茸は、香りや味、口に入れた時の質感ともに最高の椎茸と言えるものでしょう。

森の中の自然の作用に育まれるため、菌から発生する椎茸は、農産物のなかで数少ない、農薬や化学肥料を使わずに栽培できる食材。安全、安心で美味しく口に運べるところが魅力です。


大分県産椎茸「冬菇」〔120g〕

大分県産椎茸「冬菇」〔120g〕



関連記事一覧

PAGE TOP